有限会社パジオン
NEWS クリスタル・ギフトのご提案 チェコ・クリスタルのお話 チェコについて ギャラリー 会社案内 お問合せ

クリスタル・ギフトのご提案

心と知識と技能と
ガラス工芸発祥の地
クリスタル・コンサート
トップへ

パジオンWEBショップ



クリスタル・コンサート

 
1905年 皇帝フランチシェク・ヨゼフがヤブロネツ・ナド・ニソウを訪問

プレシオサ社は、チェコのガラス、アクセサリー工業を代表し、ボヘミア北部、中でもヤブロネツ・ナド・ニソウ、カメニツキー・シェノフ、トゥルノフ地方に息づく、素晴らしいガラス工芸伝統を受け継いでいます。
すでに1376年にヴィソキー・ナド・イゼロウで、ガラス工芸の釜、第一号に火がつけられました。それに続き、スクレナジツェに釜ができ、1548年にはムシェニュ・ナド・ニソウで初のガラス工房が完成しました。その後、次々にガラス工房の釜に火が入り、トゥルノフからイゼル山地にあるほとんどすべての地域でガラス鋳造が行われてきました。
1711年には、ヤブロネツ地方にトゥルノフの宝飾カット・研磨師であるフィシャー兄弟が訪れ、ガラスカット・研磨の秘法を伝えました。こうして、天然の鉱物であるクリスタル=水晶を超える性質を持つボヘミアのクリスタルガラスが誕生したのです。

プレシオサの持つクリスタルカット・研磨の伝統はまさにこの地で生まれ、独特で独自の文化が、何世紀にもわたり、育まれ継承されてきました。

カット・研磨技術が発達し、ガラスの精製度が完璧さを高めていく中、北ボヘミアでは、シャンデリアとランプのカット・研磨も始まりました。
1724年カメニツキー・シェノフ近郊のプラーヘンの地に、シャンデリアの生産と輸入を手がける工場が設立されます。
ボヘミアのシャンデリアが西ヨーロッパに輸出された最初の記録は、1725年にまで遡ることができます。ボヘミアのシャンデリアは、ヴェルサイユやフォンテンブローにある、ルイ15世の宮殿を飾ったのです。

その後、フランス以外でもトルコ皇帝オスマン3世やロシア女帝エカテリーナなどの統治者の宮廷を飾ることになります。
1743年に女帝マリア・テレジアがボヘミア王女として即位した際には、ボヘミアの職人が新しい形のシャンデリアを作り、それがハプスブルグ帝国内の宮廷貴族の間に「テレジア・シャンデリア」として広がり、今日まで様々に形を変えながら伝えられています。こうして、ボヘミアのクリスタル・シャンデリアは、ヨーロッパで、広く認められるものとなりました。

さらに幅広い商品が、ヤブロネツ地方から遠く離れたところで、その名声を獲得します。1760年に最初の外国人商人がヤブロネツを訪れ、19世紀前半には、ヤブロネツのアクセサリーとガラスは全世界へ広がっていったのです。

1860年には、ヤブロネツ地方に、96のガラスとアクセサリーの輸出業者がいました。

手作業の重労働は、19世紀から20世紀にかけて次第に、負担が少なく、正確性の高い、電力による機械カット・研磨に替わっていきます。
このことにより生産性が向上したばかりでなく、品質も大幅に改善、カット・研磨の正確性も高くなり、磨かれた半完成品の輝きも増していきました。
分光、光の反射、カット・研磨されたガラスの光と輝き、ガラス職人の技術と仕事が、その後のプレシオサ社の成功の礎となりました。

プレシオサ社は、ヤブロネツ地方の工業の伝統を継承する一企業として誕生し、生産設備・技術における重要な発展を始めとした多くの変遷を遂げてきましたが、その一つとして、60年代初頭には世界で始めて、機械でカットし研磨された「光源錯乱用クリスタル」を制作しました。これが、全く新しいコンセプトによるプレシオサのランプ・コレクションの基礎となったのです。

プレシオサ社にとっての重大な変化は、チェコ全体が民主化と市場経済への道を歩み始めた、1989年11月以降に起こりました。
プレシオサ社は、生産と販売の拡張、海外販売網の充実と輸出拡大、また、顧客サービスに求められるレベルが高くなる中、自社の提供できる商品を広げていくことに全力集中しました。地域的に重要な場所に、販売代理店を設けました。生産方法を絶えず開発し、最先端の技術を取り入れる一方、社員の教育にも力を入れながら、社会的環境の改善に努めています。
こうしたすべての活動におけるチームワークが、真に調和のとれた「クリスタル・コンサート」と称する成果を生み出す土台を作っているのです。

特定の地域、あるいはチェコという国にあるべき市民として社会に貢献するため、プレシオサ財団が活動しています。

クリスタルの純度、透明度、光の屈折具合、分光によって様々な色を映し出す技術において、プレシオサ社の製品は今日、世界でも最高レベルに位置しています。
伝統的な工芸技術と最新のテクノロジー、芸術感覚が結びつき、クリスタル工芸伝説の新しい時代が始まったのです。


△このページのトップへ


プライバシーポリシー 会社案内 お問合せ リンク集
   Copyright(C) 2011 PAZION. All Rights Reserved.
ホームへ 有限会社パジオン